宇宙の漂流物、ネジ

夢と浮世を行ったり来たりしているライトワーカーです。

自由で軽やかになる、もしくはアイアムプレゼンス瞑想の話。

こんばんわ。ネジです。
ご機嫌いかがですか?


今日はアイアムプレゼンス瞑想と、
この瞑想を始めてから色々気づいたことの話です。

アイアムプレゼンス瞑想とは、これです。

www.youtube.com


こちらにこの瞑想の説明が載っています。

paradism.hatenablog.com




私はこの瞑想、とても気に入りました。
1回やって、時間があったら「おかわり」をするくらい。
1日に何度もやっています。

何が気に入ったかというと。


普段瞑想をするとき、私は、すぐに気が散ってしまうので、違うことを考えてしまわないように、気合を入れて、さらに、よく寝落ちもするので、「今度こそ、寝ないで最後まで瞑想するのだ」とか思いながら(瞑想と程遠い精神状態)、うっすら緊張して瞑想しているように思います。

で、このアイアムプレゼンス瞑想は、なんでだろう?
最初から「楽な姿勢になってください」と言ってくれてるのがいいのかも。
「はーい、楽な姿勢になりまース」(素直)
って、楽な姿勢になって、呼吸しながらイメージをしていくと、凄く楽だ、と気づきました(気づくの遅い?)
ちょっと違うことを考えちゃったり、寝落ちしてしまうこともあるけど、気を取り直して戻ればいいのだし。

そして終わった後に、何とも言えない、でもあえて言うなら振動数が細かくなったような感じ。軽くて穏やかな感じになります。
これが気持ちが良くてはまってしまいました。

 

それに、アイアムプレゼンス瞑想は結構面白い。
人によると思うのだけど、私は面白い感じになります。
例えば。

この瞑想では、光の柱の中でアイアムプレゼンスと会って、アイアムプレゼンスの光と一体になるのだけど、私が見ているアイアムプレゼンスは毎回様子が違います。
(そもそもアイアムプレゼンスってなんなんでしょうね)


ある時は聖母マリアのような、またある時はサナンダ兄さんのような。
最初はそんな感じだったのだけど、最近は「金色の竜巻のドレスを着た人」だったり、
ゴッホの絵の中から出てきたようなタッチのドレスを着ている人」だったり、
「エジプトの神様みたいな人」だったり、
極めつけは「鳩、しかも平和の象徴みたいなのじゃなくてドバト」だったりして(汗)

 

はじめは疑っていました。これは私の何かのイメージを、無理やり引っ張り出してきているんだろうと思っていました。
「エジプトの神様みたいな人」が出てきたときに、さすがになんか変だなと思って(だってその人、ツタンカーメンのマスクをかぶってるのに上半身裸で、下半身は中世ヨーロッパの鎧みたいなのを着てて、時代設定がなんかおかしい)、

「あなたは誰なの?何してんの?」ってワシ、聞いてみたん。そしたら「コスプレだよ」って、その人が答えました。
コスプレって何よ?答えになってないし(笑)と思ったんだけど。

 


後で、考えました。
私は、アイアムプレゼンスだとか、ガイドだとか、そういう光の存在は、まじめで荘厳で、正しいことしか言わないし、ふざけないし、いつもアルカイックスマイルなんだと決めつけていました。でも、その思い込み、不要だなと思いました。もっと自由だし楽しいし、面白い存在でもいいのだ。私のアイアムプレゼンスはそういう感じなんだ。
おふざけもありなのかもしれん。

 

それに、波動?振動数?オーラ?何というのかわからないけど、纏っている雰囲気がすごく軽やか。軽いのです。
自分もこれから、こういう風になっていこうと思いました。軽くて自由で面白い。

 

 

そして、アイアムプレゼンス瞑想は面白いだけじゃなくて、この瞑想を始めてから、今自分に必要な変化が起こり始めたような気がしました。

アイアムプレゼンス瞑想を始めるちょっと前から「マスター・サンジェルマンの教え」という本を読み始めました。


はじめは難解で、全然頭に入ってこないな…と思いながら読んでいたのだけど、アイアムプレゼンス瞑想を始めてから、少しずつ視界が開けるように、この本に書いてあることがわかるようになってきました。この本は前評判で凄く良いと聞いていたので、ついていけない自分に不安になったりもしたけど、心配しなくても大丈夫でした。
これから読む人へ。最初は難しい感じがするけれどこの本は良い本です(突然の手紙調)


本を読みだしたタイミングと瞑想の始まった時期を考えると、よくできているなあと思います。完璧なタイミングだったのかも。


この本と、アイアムプレゼンス瞑想はセットにするとより理解が深まるなと思いました。

例えば、本の中に「辛い経験や不快な物事や出来事に思いを巡らすのはやめよ、過去のことにこだわるのはやめて、他人を許し、自分も許すのだ」というようなことが書いてある項目がありました。
そういえば私は、一人でボーっとしている時とか、考え事をしている時、「昔の恥ずかしかった思い出」とか、「ムカつくあの出来事」とかの事を思い出す回想シーンがちょいちょい挟み込まれて「うっ」となるのですが、そうだった、これ、エネルギーの無駄遣いなんだった。
今までは、そういう「うっ」となる回想シーンが始まったら、考えるのを止めようとか、ポジティブなことを考えようとか、その場しのぎで思考のコントロールを試みていたけれど、もう本気で許して手放して、身軽になる時が来たのかもしれない、と思うようになりました。


それで、というわけではないのだけど、心を軽やかにしていくにはどうしたらいいか、いろいろ検索している時に、覚醒の為の5つのステップという話にたまたま出会いました。
そこには「自分を許し、他人を許す」という話が出てきました。そして、「過去にとらわれるのもやめ、未来の自分の視点で物事を見ることができるように」と書いてありました。まさにその通りのことが書いてありました。
今「それ」が必要だと、わかるまで何度も、手を変え品を変え、あちこちで見せられている感じがすることがありますね。シンクロっていうんだっけ。

多分、私にとってこれが今必要なステップなんだなと思いました。


でも、じゃあ誰にでもこの本と瞑想が必要か、というとそういうことではなくて、
それぞれの人にとって、必要なステップは違うので、アイアムプレゼンス瞑想自体も今は必要ないという方もいるかもしれません。それぞれに合った方法で、それぞれのリズムで、ステップは進んでいくんだろうと思います。

今、4月から5月にかけて、体調を崩したり、調子が悪い、調子が乗らないという話を私の周りではよく耳にします。
4月5日に大きな山場が来て、おそらく6月にもまた大きな山があると思います。多分、今は間の期間で調整の時期なんだろうなと思っています。
体もメンタルも、それから高次の存在も調整をしている所なのかなと思っています。
辛いときは無理せず、自分に合っている方法で、時期を待ちましょう。

時期を待つのも大事なステップなのかもYO!


Victory of the Light!  光の勝利!

地獄の釜の蓋、もしくは毒親と怒りの着地点について。

こんばんわ。ネジです。

今日は地獄の釜について。

…ネジさん、地獄の釜ってなんです?
っていいたくなりますよね。


ええと、最近、自分の中にため込んでいた怒りが、
噴出してくることがあってですね、
その様子が地獄の釜の蓋が開いたようだったので、その話です。


そもそもの始まりは、4月5日の世界同時瞑想に向けて色々活動をしていた時でした。
もしかしたら攻撃とか、季節的なものとか、地球規模のあのウィルスに対する不安とか、
「きっかけ」はそういうものだったのかもしれません。


今までは自分の中の怒りって、上手にしまってあって、
ときどき「こんにちわ!」って出てきても、
「だめだめ。出てきちゃ。怖いし不愉快だから、元のところに戻ってて!」って
押し戻していました。


今回、地獄の釜の蓋が開いたことで、こんなに溜め込んでいたのか~ということもわかったし、この怒りを押し込めるために膨大なエネルギーを使っていることもわかりました。エネルギーの無駄遣い。
うんこしたいのを我慢してジェンガをしているようなものです。
どっちかにしたまえ。

 

まあそういうわけで、今回は開いた地獄の釜の蓋を、閉じないでじっくり付き合ってやろうじゃないか、とおもったわけです。
地獄の釜に飲み込まれてしまうのは怖かったけど、もう逃げたり隠したり、そういう対症療法ではなくて、ちゃんと腰を据えて見てやろう。と思ったわけです。

 

で、見てみた、というか、怒りを感じてみたんです。
感じたというか…もっとはっきり言うと、怒りをそのまま怒ってみた。

もう…そりゃあもう…不愉快ったらないです。
爆発すれば収まるのかと思いきや、次から次へと怒りって湧いてくるんですね。
ちゃんと怒ったことが無かったから知らなかったよ。

 


私の怒りって、例えばこんな事です。
※注:ここから先、私の実家の不愉快な事情の話が出てきます、今精神的にしんどい人は、この先読まない方が良いかもしれないです。元気な時に読んでください(*- -)(*_ _)ペコリ

 

私の実家の両親は、いわゆる毒親、というやつなのかもしれません。
でも、今まで毒親だと思っていなかったのです。
毒親についての本は色々読んでいたし、実はかなりの時間カウンセリングを受けたり、ヒーラーのもとへ通ったりしていました。
でも、心のどこかで、「もっとひどい話もあるのだし、うちは毒親というほどではない」と思っていました。
心理学上ではこういう、自分を攻撃する対象を守ろうとか、悪く思わないようにするという現象に、なんか名前があった気がする。忘れた。

 

それでですね。
地獄の釜の蓋を決定的に開ける事件は先日起こりました。
詳しくは端折りますが、実家から電話がかかってきて(私は今実家とは離れたところで暮らしており、1年近く帰っていません)

・相続についてこうしたい(思う通りにしたい)
・自分たちはもう長くない、もうすぐ死ぬ(思う通りにしたい、心配しろ)
・コロナにかかったかもしれない(心配しろ)

と云うような内容でした。
電話がかかってきた時間は仕事中の時間です。
私はいつものように、黙って話を聞いていたのですが、最後に
「今じゃなくてもいい話は、こういう時間にかけてこないで」
と伝えました。
相手は逆切れしていましたが、逆切れしたって事態は変わりません。


そういえば私は、こういう話を、もうずっと長いこと聞かされてきたのでした。
罪悪感や、恐怖を持つように脅迫するようなことを言ってくるのです。

これを、怒らないように、穏便に。家族なんだから。と、今までは我慢してきたんです。
ギャース。

 

まあ、どうしたかというと、電話を切り、家の外に飛び出し、思い切り地団駄を踏みました。
「死ぬ死ぬって!死なねーよ!」とか叫びながら。


私は2026年までに、イベントが起きて世界は今とは全く違う様相になっていると本気で信じています。
両親が言ってくる話は、はっきり言ってどうでもいい。今を大事に生きてくださいとしか言えない。
そして私はどうでもいい話に、エネルギーを使って腹を立てて、波動を下げて、まったく何をやっているんでしょう。

 

それでも、一度沸き上がった怒りは、しばらく沸騰していました。


怒りの着地点は思いがけないところにありました。
まず、ひとつ目は
何気なく見ていたyoutubeのおすすめ動画の中にメンタリストDaiGoさんの動画があり、その動画を見ていたら、毒親の定義の話をされていました。
そういえば、色々な毒親の本にも、「定義」ってあったかなぁ。見た覚えがないなあ。
まあ、それで。
DaiGoさんの話によると
「罪悪感や恥など、ネガティブな感情で相手を心理的にコントロールするような親」が毒親なんだそうです。
しつけが厳しい親とか、色々命令する親に育てられたとしても、このネガティブな感情によるコントロールがないなら、子どもは安定したメンタルを持って育つのだそう。

凄くいい動画だったので、もし気になる方はどうぞ。

www.youtube.com


それで、「ああ、私の親は毒親なんだな」と思いました。
「もう長くない」とか「老いてきて病気かもしれない」とか、ネガティブな言葉でコントロールされている気がする。

他にもいろいろ、思い当たる節はある。

 

動画でDaiGoさんは、いろいろ具体的な話もされていますけれど、この毒親に育てられたことによる神経症的傾向はちゃんとケアすれば変えられるよ、と言っていました。
これに救われました。
後から変えられるって言われてホッとしたのでした。

怒りの種類はいろいろありますが、毒親とか、家族関係の怒りというのも、なかなか抜け出せなくて苦しいものです。ずっと繰り返されてきたから、自分の反応もワンパターンになっているというか。


私はアダルトチルドレン(AC)です。
私の父は、私が子供のころ、お酒を飲むとキレたり暴れたりする人でした。
大人の男の人はみんなそうなんだろうと思っていました。

さらに、母は空気が読めないところがあったので、父がキレそうなのがわからなくて火に油を注いだり、キレた父にキレ返したりして、家の中がカオスになることもありました。
子どもの頃から、高校生になるまで私は仲裁役として、もしくは家族を和ませるように、自分の感情を押し殺して、誰かを笑わせるような役割を担っていました。これがもうザ・アダルトチルドレンです。
家族の相談役。
家族の中の道化。
子どもの頃に子どもでいられなかった人をACという、とどこかで読みました。

高校を卒業したら家を出ましたが、家を出た先が、認知症の祖母の家。それから10年近く祖父母の介護をしました。20歳そこそこの若者が家族の介護なんて、精神的にもたないと思うのですが、家族の中の誰かが介護などの大変な仕事を引き受けると、そのほかの家族は、それを見ないようにするようになるそうです。なんか本で読んだ。


それで、いろいろあって現在に至りますが(色々端折った)
何が腹が立つって、介護が終わったとたんに、
「次は私たちの面倒を見てね」って言いだしましたよ、うちの両親は。
バカか。

…失礼。口が悪すぎましたね。


それで、さっきの話に戻りますが、
「自分たちはもう長くない」っていう文脈の話をされると、地獄の釜の蓋が、ギギギ・・・って開くのです。

 

こういう、分析も、いままではできませんでした。
考えると怒っちゃうから。
ひたすら、心を穏やかに、蓋を閉めることにエネルギーをそそいでいました。


それから怒りの着地点を見つけたもう一つのきっかけ。。
「感じて!プレアデス」という漫画です。

rookie.shonenjump.com


前から話題になっていましたが、後で読もうと思ってそのままになっていました。それを一話目から読んでみました。読んでみてタイミングってあるんだなぁと思いました。


ただの面白い話、では終われない深いヒーリングが起こる漫画です。
今まで読んでいなかった私が言うのもなんですが、お読みになっていない方は、読んだ方がいいです。すごく面白いです。最初はとっつきにくいところもあるかもしれないけど、ちょっと様子を見ていると、この世界がわかってきます。
おすすめです。


この漫画で、(読んでいない方のためにネタバレは避けますが)、自分のガイドとか高次の存在の方を向いて、自分の成長のことに集中すればいいんだ、と、ふと思ったら、怒っている方向から別の方へ気が逸れました。エネルギーの無駄遣いはやめよう。


地獄の釜の蓋が開いてから、
しょっちゅう、小さなことでも、
すぐにイラッとするし、いつもなんだか怒っているような状態になっていたんだけど、
腹を立てる対象のことを一生懸命考えているんだなと。それを止めようと思いました。

その人と、自分の距離をもっと取ったらどうだろう。人のことは変えられない。でもその人のことを考えるのを止めることはできる。自分に集中しよう。
関係ない。知らない。どうでもいいことはどうでもいい。
こう思うようになりました。

 

それから。
カルマとか学びとか、スピリチュアル業界ではよく使う言葉です。ある時までは私にとっても必要な信念体系だったのですが、今は違う考えを持っています。 
カルマとか学びとかいって、
「家族は学ぶために転生したから仕方ない」
「今世でやり残したらまた来世で、同じ学びをすることになる」
我慢するか、戦うか。
Dead or die.(両方死んでるよ…)


それがもし、悪いやつら(アルコンとかカバール)とかの作戦だとしたら?
人間たちが争う、家庭内不和で、ストレスを抱えた人間が育つ、イライラする、暴力的になる。自分の子供にも同じように接する。連綿と続く負のスパイラル。
「しめしめ…」奴らの思う壺です。悪いやつらはネガティブな感情をエネルギー源にしているからです。
家族だから、今生の学びだから、カルマだから。
そうやって、自分を問題から離れないように縛り付けることはないんだなと思いました。

たとえ親であっても、自分の気持ちを正直に話して、もし聞く耳を持ってくれないとしたら、
ひたすら離れるしかないと思います。
私は離れることに決めました。

 

また、離れることを理解してもらえなくて、喧嘩になることもあるかもしれないけれど、
The Potalのなかで言われていたことを思い出しました。

prepareforchange-japan.blogspot.com


多くのライトワーカーが、家族の支持を得られないことや、家族のことを心配していることについて、
コブラさんは「誰もが自分の成長に責任があります。そしてあなたは、自分の家族のスピリチュアルな成長に責任はありません。」と答えています。

イベントまでの間、私は自分の成長に集中していればいいのだなと思いました。
家族の中の問題とか、家族の理解とか、思い悩むのはやめようと思います。

今も地獄の釜の蓋は開いたままです。
でも開いていても大丈夫。
怒りたいときは怒っていい。そして、もう同じところをグルグルするのはやめて、自分の内面の変化の方に集中していきたいと思います。

ヒーリングとか瞑想とか、正直、よくわからないと思っている人へ

こんばんわ、ネジです。
ご機嫌いかがですか。

今日は、ヒーリングとか瞑想とかの体感がよくわからないという人へ向けたメッセージを書こうと思います。

 

 

その前にまず、ご報告!
4月5日にアセンションタイムライン瞑想に参加した人は全世界で100万人を超えたそうです。今までの世界同時瞑想では14万4千人以上の人が参加することを目標にしていたけれど、今回は100万人!です。

 

瞑想に参加された皆様、
瞑想の情報拡散をしていた皆様、
色々な手段で、瞑想をお知らせして、参加する人を増やしてくださった皆様、
今回初めて参加してみたという方も!
本当にありがとうございました。

 

 

 

それでですね、今日の本題なのですが。

 

4月5日の瞑想の後に、Twitter上では、「ありがとう」と「感動」のツイートが沢山あふれていました。
涙があふれるくらい感動したという方もたくさんいました。

今回は、参加した人も、情報拡散をした人も多かったので、瞑想前後の時間のTwitterのタイムラインは凄いことになっていました。

私は瞑想の後、マラソンを走り終えたような放心状態がしばらく続いた後、ちょっと気になったことがありました。

多くの人が参加したということは、今回初めて、世界同時瞑想に参加した人もたくさんいたのでした。みんなが、感動的な瞑想だったと言うと、「あれ?私は何も感じなかったけど」という人も、いるのではないかなと思いました。

 

100万人の参加した、アセンションタイムライン瞑想だけど、瞑想中に「別に何も感じなかった」としても、まったく問題ないと思うよ。ほかの人が何と言おうと、私は問題ないと思うよ!!私に言われて安心できるかどうかはわからんけども!!(笑)

瞑想に参加した100万人の中の一人として、立派に役目を果たしたよ、と伝えたいです。
私がここで、こういっても、伝わるのかどうかはわかんないけど。

 

 

 

で、その時に思い出したのですが、
私の友人で、「こういうの(ヒーリングとか)、何か感じましたか?って聞かれても、何もわかんないんだよね」とよく言っている友達がいます。
私はすごいなあと思ってその話を聞いています。
だって、「わかんないです」っていうの、はばかられるんです、私は。
「うーん、なんかスッキリしたかも」とか言っちゃうことも…

あったり無かったりします(どっちや)
「わからない」と言うのは勇気がいるのです。


その友達は、昔、むかーし、シータヒーリングを習いに行ったときに出会ったスピリチュアル友達なのですが、「わからない」「感じない」といえるところを尊敬しています。彼女の凄いところだなあと本気で思います。

 

あるとき、私はアクセスバーズというセラピーを習いました。こういうの習ったよ、と、彼女に伝えたら、受けに来てくれまして。
そこで、彼女が言った感想が強く印象に残っています。

「アクセスバーズを受けている時は、何も感じなかったんだけどさ。ヒーリングとかセラピーとかを受けると、その時、何を感じたか、どんな気分だったか、何を見たか、にフォーカスを当てて、見えなかった、感じなかった、聞こえなかった、と判断していたんだよね、前は。

でも、それって実は気にしなくていい事なんだね。そのヒーリングを受けて、自分がどう変化したか、が大事なんだろうね」(意訳)


彼女が言うには、ヒーリングやセラピーを受けて、その時、「何か見えた!」とか、そういう事にとらわれるのではなくて、

「いつの間にか別の考え方ができるようになったな」とか、

「前ほどアレにこだわっていない自分に気づいた」とか、

そういう自分の内面の変化に、少し時間が経ってから気づくことで、過去からの変容を見つけるのが大事と言っていました。なるほど!と思いました。すごい。それだよ。

 

瞑想の時、何も感じなくてもいいと思うのです。

何かを感じることが目的ではないからです。

この世界同時瞑想の目的はなんだったのか。

色々な人が瞑想前に、情報をあげてくださっていますが、改めてここに書いておくと、
大人数で、同時に同じ意図の瞑想、または想い、願い、を念ずることで、
「レーザービーム的な収束信号をヒューレント量子場に作り出すことによって、<量子ゆらぎ>に変化を加えること」だそうです。
難しい。
(こちらのインタビューでその話が出てきます)

paradism.hatenablog.com

 

未来は決まっているのか?というのは昔からある命題だけど、「ポジティブなイメージを多くの人が念ずることで、未来をポジティブなタイムラインに変えていく」、というのが、今回の瞑想の目的でした。
(未来をポジティブな方へ変える!って凄い発想)
だから、瞑想の途中で何か神秘的な体験がなくても、終わった後で感動がやってこなくても、大丈夫です。何か感じたかどうか考えなくても大丈夫。
あなたが参加してくれて本当によかったです。


100万人の人が瞑想に参加したことで、地球のタイムラインは確実にポジティブな方へ進んでいると思います。

 

 

 

…ところで。

話は変わりますが、

皆さん、大丈夫ですか?疲れちゃってませんか?
ネジはなんだか疲れてヘトヘトです。

 

世界同時瞑想が終わって気が抜けた、疲れたというのがひとつ。
それから
毎日のコロナとそれにまつわる政府の動き、ニュース。
自分の周りの人たちも疲弊してきていると思います。


ハッキリと
「ちょっと長引くかもしれないけれど、きっと良くなるから」
と言ってくれたら、しばらく我慢できるかもしれないけど。

 

今のこの状況…
「いいの?」
「自粛しなくていいの?」
「自粛していいの?」
「このままいって大丈夫なの?」
「ねえ誰か、この先どうなるの?」
みたいな。みんなが不安な感じ。


疲れたときに、これ!っていう対策方法は、私も今、持っていないのですが、一つ思いつくのは、
「自分の気持ちを大事にする」「なんなら、やりたくないことはしない」というのを徹底した方がいいと思います。
自分を甘やかす、とはちょっと違う。
自分の気持ちに敏感になって、「あ、今、これ、嫌だと思っているんだな」とか、「ここに座るの、気持ち悪いと感じているんだな」とか。普段より、細かく感覚を拾った方がいいと思うん。
気づくだけでも違うと思います。

 

「茶碗洗うの面倒だな」と思ったら、やろう!って気になるまで放っておく。とか。
(ネジは昨日から、洗っていない茶碗ためてるYO☆)
まあ、何でも。小さなことでも。

疲れて、麻痺して、感じなくなっていくのは、とても怖いです。

それがエスカレートするとウツっぽくなっていくから。

疲れて辛い時ほど、自分の感情を大事にしてください。

 

 

みんな、イベントまで生き延びよう。
生きて次の世界を見よう。

 

浄化とプロテクションの話(追記あり)

ハローサムシング。
ご機嫌いかが。


今日は浄化とプロテクションの話を書こうと思います。

 

その前に。
4月5日(日曜日)午前11時45分から
アセンションタイムラインとコロナウイルス終焉の瞑想」があります。

アセンションに向けたタイムラインの修正と、コロナによる混乱を鎮めるために、世界中の人が、同時にこの時間に瞑想を行います。
皆さまお誘いあわせの上、一緒に瞑想をしましょう。

リラックスして座り、目を閉じて、youtubeで音声ガイドを流しながら、音声の誘導に合わせてイメージをすればOKです。途中、ちょっとイメージしずらい個所もあるので、一度練習しておくといいと思います。
瞑想のイメージをアニメーションにしたものもあります。(この動画は2分くらい)

www.youtube.com

 

瞑想の音声ガイドはこちら。

 

www.youtube.com

 


さて。
4月になりましたね。5日の世界同時瞑想まで、あと数日です。
これを読んでいる皆さん、お元気ですか?調子はどうですか?

というのもですね、
大きな集団瞑想がある時に、情報拡散とか、仲間と情報共有や、その他いろいろの活動をしていると、具合が悪くなったり、体調がなんだかおかしい!思考回路いつもと違う?とか、
変だな~変だな~嫌だなー嫌だなーって稲川淳二風に思って、そこで、アタシ、気づくんです。これは「攻撃」というやつなのでは?って。

攻撃?何それ?何言ってんの?
っていう方は…すみません、今日はスルーしてください。

 

 

で、ですね。
どうして、集団瞑想の情報拡散をしていると「攻撃」の対象になるのか、というと。
目立つからです。ドーン。
もともと、この瞑想を快く思っていない悪い人たちがいます。
その人たちにとって、この瞑想の情報拡散とか情報解説とか、そういう活動って、超目障りなわけです。
だから、目立つと攻撃の対象になります。

 

「私は現実世界では活動してないよ?ネット上だけで活動しているのにどうして?」
と思う方もいるかもしれませんが、例えば同じ情報を共有しているということは、同じサイトや、アカウントにアクセスしているということです。ネット上で攻撃されることもあります。一見攻撃とは見えないようになっているものもあります。
不愉快な気持ちのするものは、とにかく見ないようにするのも大事。

 

ネット上に自分の姿の写真、体の一部でも映るものをアップしている場合は、今からでも消した方がいいです。例えば、自分の手だけ写っているとか(タピオカを持つ手、とかさ)そういうのも。
こういうことを言うと、ドン引きする人がいるのはわかっているけど、書いちゃいますけど、体の一部でも、写っている写真をもとに、マイナスの念を送ることは可能です。
三次元の現実の自分と、ネット上の自分は注意深く切り離しておいた方がいいです。


それから、今、私はTwitterを見ると、かなり精神的にストレスを感じます。
感染症の情報も、日本の政治の情報も、世界の情勢も、見ているだけで不愉快。
可能ならば見ない方がいい。

 

ウィルスの電顕写真や模式図なんかも、もう、煽られて、恐怖を植え付けられているから、そういうのを見るのもストレス。私はそういうの見せるアカウントは、ミュートにしちゃった。


恐怖とストレス。
これで、人々を誘導しているのではないか、と思っちゃう。

 


そこで、今日は、浄化とプロテクションの方法をご紹介しようと思います。

 

ええと、それでですね、
プロテクションはともかく、浄化については、どうお伝えしたらいいか、ちょっと迷います。
私が思うに、こういう時の体の不調、頭の不調って、オバケ対策と似ていると思っています。
もちろん、本当の体調不良の場合もあるのだけど、いわゆる、何かツイてる感じ、とか、もしくはマイナスの思念体から攻撃されているとか、そういう感じがすることがあってですね。
ネジは、もうずいぶん昔の話ですが、オバケチームと戦っていたことがありまして(自分でも頭がおかしくなったかと思ったものです)、その時に身に着けたスキルは現在でも役に立っているのであります。
フンフン!(鼻息)

 

そんなわけで、浄化も含めて、思いつく限りの対策法をご紹介します。
信じるか信じないかは、あなた次第です(`・ω・´)キリッ

 


【1】ブディック柱瞑想
これを一番先に立てておくといいと思います。
youtubeで音声ガイドを流しながら、自分を中心とした、もしくはプロテクションしたい人にブディック柱を立てます。

www.youtube.com

 


【2】プロテクション瞑想
これも時々やります。

www.youtube.com


【3】AVTORの白い光
「銀河連合のマザーシップよ、ATVORの白い光で私を浄化してください/守ってください」とお願いする。おまじないのように心の中で唱えるのでも良いです。
ATVORは<アットボー>と読めばいいのかな。正しい発音はわかんないのですが…。


【4】イメージで浄化
「宇宙のセントラルサンからANの白い炎が発せられて、私たちの銀河のセントラルサンに届き、その炎が太陽系に入り、太陽系の光の拠点を通って、自分の体に届く」イメージ。このANの白い炎で浄化しているイメージをする。

 

【5】アーシング
アスファルト以外の、土の上、草の上に素足で立ちます。5分から10分くらい素足でいることで、体が楽になることがあります。時間がないときは、素手で土を触ります。体にたまった静電気をアースする(地球に流す)感じです。


【6】ホワイトセージ、パロサント、お香を焚く
なんか気分が悪い時は、浄化系のお香が結構役に立ちます。


【7】四股を踏む、柏手を打つ
よどんでいるものが、そこに留まれないように、四股を踏んで追い出すイメージです。柏手もそう。2拍手じゃなくて何拍でも。家じゅうでやるとよろしい。部屋の四隅などもやるといいです。


【8】鈴とかベルとか。
youtubeで探して流すのもいいです。おうちに鈴とかベルとか、ないですか?小さい物でもいいです。チリチリ鳴らしてください。私は小さいチベタンベルを買いました。鳴らすと空間がさっぱりします。音叉とかもいいです。


【9】音声ヒーリング
「イーー」とか「ンーー」とか、声を出してみます。最初はチベタンベルなどの音階でやってみるといいかも。自分に気持ちのいい音階をしばらく出してみると、頭の骨に響くトーンが見つかるので、その音をしばらく出してみる。


【10】ネットのお掃除
いつも見ているSNSから、不要なエネルギーをもらっていることも多いです。前は面白かったのに、今は見るのがつらいアカウントとか、これを機にミュートしたり、リムーブしてもいいかも。
ちょっと意図的にネットから離れるのも大事かも。
あと、冒頭で書いたネット上にある自分の姿の写真、消した方がいいです。


【11】ネット上の自分と、現実世界の自分を切り離す。
ネット上のアカウントは、自分だ、という感覚を切り離します。私は最近は意識的に「neji?誰それ?」ぐらいの感じで、距離を置くようにしています。
意識が繋がっていなければ、住所不定、受取人不明となる作戦です。


【12】キンカン
キンカンって、蚊に刺されたときに塗る、あのキンカンです。効能のところに、肩こりや頭痛とも書いてあります。(そういえば、子供の頃、爺ちゃんが肩に塗ってた)
これが、変な肩こりにも効きます。盆の窪(頭と首の境目、首の後ろ)に塗ると、入っちゃった変なエネルギーが取れることもあります。風邪もここから入ってくるとか。首は大事です。
あと、盆の窪よりちょっと下、首の骨が出っ張っている所、大椎というツボなのですが、ここにも、ついでにキンカンを塗ると、いろいろいいことがあるみたいです(明言を避ける)。


【13】布を洗う
枕カバーとか布団カバーとか、あと、スリッパとか、玄関マットとか。布のものを洗う。可能なら新調してもいい。やる気と体力があったら、カーテンとか大物を洗うのもいい。


【14】掃除
ホコリとか髪の毛とか、ペットの毛が落ちている所があったら、掃除します。調子悪い時って、床のホコリとかに気づかないことが多い。もしくは、気づいていても掃除しようとしないことが多い。浄化だと思ってやる気が出なくても掃除をします。


【15】塩風呂。酒風呂。
お風呂に、コップ一杯の日本酒と、一掴みの粗塩(アンデスの塩、とかではなくて、日本の海塩がいいようです、安いものでいい)を溶かしたお風呂に入る。シャワーしか浴びない人は、一掴みの粗塩を、まずは頭のてっぺんに盛り、首の後ろ(盆の窪)に塗り付け、そのあとシャワーで流してください。


【16】やらなきゃ、と思いつつやっていなかったことはないか、考える
喪服をクリーニングに出そうと思って、車に積んだまましばらくその車で通勤をしていたら、オバケが車に乗ってきたことがありました。クリーニングには早めに出しましょう(って、怖いよ)。外出できないときは、一度車から降ろしておけばいいのかも。
やらなきゃ、と思って、そのままにしていることって、心の中で、なんとなく引っかかっていて、小さなストレスになっていたりするので。あとでやるなら、後でやる。と、キッパリ後回しにするのがいいのでは。

 

【17】髪を切る

ちょっと切るだけでも、視界が開けたりします。前髪だけちょっとでも。

 

【18】鏡を拭く

鏡を磨くと「見通しが開ける」という話を聞いたことがあります。洗面所の鏡とか、ちょっと磨くと、凄くすっきりすることがあります。

 


今思いつく、浄化とプロテクションの方法はこんな感じです。すぐできそうなものを、選びました。
4月5日の瞑想の告知があってから、ひと月近く立ちました。時々息抜きもしつつ5日を迎えましょう。


日本の状況は、どんどんカオス化していますが、みんな、イベントまで生き延びよう。
生きて次の世界を見よう。

 

 

※追記

【19】体にアルミホイルを巻く

以前、都市部に住んでいたときに、体がザワザワしたり、静電気が帯電しているような、チリチリした感覚があって、これが電磁波のせいなのかどうかは分からなかったのですが、家にいるときは頭と、胸にアルミホイルを巻いて過ごしていました。

あらゆる家電から電磁波が出ているわけですが、ちょっと遮断するといいかもしれません。外出するときは、帽子の中にアルミ箔を仕込むといいかも。

 

【20】スマホは体から離す

通話するときは、スピーカー機能かイヤホンを使うのがいいみたい。寝室にスマホを持ち込まないようにするか、もしくは、体から離れた足元に置くのがいいみたい。

 

 

瞑想の話。自分にできること。

ハローサムシング。
ご機嫌いかが。


今日は瞑想の話。

 

まずは、お知らせです。
アセンションタイムラインとコロナウイルス終焉の瞑想」が
4月5日(日曜日)午前11時45分からあります。(日本時間)

https://ameblo.jp/hal369-blog/entry-12580660827.html


今年に入ってから、コロナウィルスとかオリンピックどうするかとか、株価の下落とか、本当にいろいろなことが起こっていて、特にこの3月は、「明日、政府から何か発表があってもおかしくない」という、この先どうなるの感が、ずっと続いていますね。4月から学校の新学期は始まるの?それすらも、今の段階だと誰にも読めません。ほかの国の情勢を見ていると、人の行き来を封鎖したり、自宅待機になったり、世界的に大混乱状態ですね。
この混乱した現状が、ある悪い人たちの派閥にとっては都合がいいという話も聞きます。

日本は株価も全力で維持しているようだし、こんな事がずっと続けられるわけはないんだ。ドンドン!(机をたたく音)
そこで、このタイムラインを修正して、タイムラインを変えようという意図と、もうひとつ、コロナウィルスによる混乱を解消しようという意図の瞑想を4月5日に行います。
日曜日のお昼ぐらい、20分の瞑想に参加して、この混乱を終了させましょう。

以前、台風の進路を変えよう!といって、Twitter上で自然発生的に、みんなでお祈りをしていたことがありました。「念ずれば通ず」ということは、本当にあるんじゃないかと思います。
みんなでポジティブなイメージをすること。明るいイメージの未来をイマジンすること。みんなが願うこと。これで、タイムラインが変わるのではないかと、ネジは本気で思っています。
オノヨーコさんも「平和をイマジンすることが大事」と(うろ覚えだけど)おっしゃってました。ネガティブなことにフォーカスするよりまず、自分たちが本当に望むことをイマジンするのが大事、です。
ということで、みなさま、お誘いあわせの上、同時刻に瞑想をしましょう。

 

 

さて、今日の話です。


前回のブログで、ちょこっと書いたのだけど、
1月の水瓶座の時代瞑想のあと、燃え尽きたみたいになってしまって、そこからしばらく不調でした。
私って何?みたいな謎のループにはまってしまって。

で、今回の「アセンションタイムラインとコロナウイルス終焉の瞑想」の告知が出ても、私はまだループにはまっていました。

私に何ができるんだろうと自問自答する日々。

で、それとは別に、なぜか
「七号食を実行するときが来たのでは」「七号食をするなら今だ」
みたいな感覚があって、3月1日から七号食に突入しました。

3月1日からやろう、とも思っていなかったのです。
ただ、「あ、今日からできるな」と、朝思って、そのまま玄米をたいて、始めてしまいました。本来だったら、飲み会や泊りの用事がない時期を選んで実行した方がいいのでしょうけど、そういう時期を待っていたらずっと先延ばしになっていたかもしれないです(私の場合)。

そんなわけで、唐突に始めてしまったのだけれど、終わってみたら、これがベストのタイミングだったなあと思いました。

 

そう思った理由はいくつかあるのだけど、
1つは、いまのこの状況が、例えば急に食料が手に入らなくなったら、以前の私だったら、パニックになったかもしれない、と思うのです(食いしん坊だから)。
食べ物がない、という状況に冷静に対処できただろうか?
うちの中の食糧について考えると、お米と玄米はある。
あと、味噌と塩と醤油。梅干し。
それから、玉ねぎ。ジャガイモ。
お湯でふやかしたら凄い量になる「大豆ミート」とか、ひじきとか、切り干し大根とか。トマト缶もある。蕎麦の乾麺もある。
なんだ、ちょっと考えたら凄く色々あるじゃない。工夫したら色々なメニューが作れるわ、だいたい、七号食だったら、玄米とゴマと梅干しで2週間くらい過ごせるわけだし。と、今は思うわけです。

大丈夫だ、と思って対処するのと、ダメかもしれないと思って対処するのでは、心の負担が全然違いますね。イベント(世界規模の金融リセットと、腐敗した政治家や、闇の組織の大量逮捕が同時に起こること)が起きたら、2週間くらい経済活動がストップするといわれています。備蓄をするのもいいし、シンプルな食べ物でも私の体は大丈夫、というのを、試しておくのもいいかも。

 

それから、感情のデトックスが起きたのも良かったと思います。
1月の瞑想の後の燃え尽きは、「~せねばならない」っていう、考えにとらわれていたからだと気づきました。「世界中で同時に行う瞑想のタイミングは、フルパワーで情報拡散しなければ」という力みとか焦り。それがあるからフルパワーでも「もっと拡散できないか」と悩んだんだなと思いました。
それが、焦りの方ではなくて、自分のやりたい方法の方にフォーカスを当てたらいいんだ、と思えるようになりました。
自分のやりたい方法とはなにか?しばらく考えていたのだけど。

 

七号食を終えてから、感覚が冴えた感じがずっとしています。感覚は、どす黒いことを考えたり、ジャンクな食べ物を食べると、なんとなく鈍ります。この感じに気づいたのは本当に良かったなと思いました。
七号食の最後の方はちょっと座禅をしたあとのような、感情が穏やかな地平線みたいになったのだけど、それを今も緩く続けている感じです。
この状態を保っていると、雑念がちょっと減って、瞑想の精度(?)が上がる気がします。

 

もう、感じがするとか、気がする、とかそんな話ばっかりで恐縮なんですが、
私が、今回の瞑想で役に立てることがあるとしたら、とにかく穏やかな気持ちで瞑想をすることで、瞑想に参加する他の人たちに間接的にサポートができるのではないかと思うようになりました。
瞑想をすることで現す強い想い、は他のみんなの助けにもなるんだ、となぜか思ったのです。

現在多くのライトワーカーが4月5日に向けて情報拡散とか、動画の作成とか、いろいろな活動をしています。自分には何ができるんだろう?と考え続けていたのだけれど、私は4月5日に向けて瞑想をできるだけやろうと思います。雑念を減らして、瞑想に集中できるようにします。いろんな人がいて、それぞれの得意なことや、その時々の役目があるんだなと思いました。。


ちなみに、
いま、この時刻にみんなで瞑想しよう、と言われている瞑想のタイムテーブルはこんな感じです。

9:00 4時間おき・フラワーオブライフ瞑想  
13:00 4時間おき・フラワーオブライフ瞑想  
17:00 4時間おき・フラワーオブライフ瞑想  
  20:00 自由への鍵瞑想  
  20:15 宇宙のセントラル種族瞑想  
21:00 4時間おき・フラワーオブライフ瞑想 この時間を推奨
22:00 アセンションタイムライン瞑想  
  22:20 100万人クリティカルマス達成瞑想  
  22:30 シリアのイドリブ難民への瞑想  
  23:30 女神の帰還&渦瞑想  
0:00 アセンションタイムライン瞑想 日曜日のみ
1:00 4時間おき・フラワーオブライフ瞑想  

◎4時間おきのフラワーオブライフ瞑想は、全部できなくても、21時の回は参加する人も多いので、この時間を推奨しています。

この瞑想のタイムテーブルは、この時間に瞑想すると、日本の中で誰かと一緒に瞑想していることになります。それって、なんかいいな。見知らぬ誰かと一緒に瞑想してるって、なんかいいなと思ったり。


これをきっちり全部行うって、普通にお仕事していたらできないのでは…。夕飯を作る、食べる、片付ける、風呂を沸かす、風呂に入る、という、夜のルーチンをどうしたらいいのか、わからなくなります。
そういうわけで、できるだけ参加する方向で。みんなと一緒の時間にはできなくても時間外にやるとか。そんな感じでやっていこうと思います。

 

あ、それから
4月5日に行うアセンションタイムライン瞑想は、イメージが難しいところもあるので、できたら事前に練習しておいた方がいいと思います。
突然やってみたら、ん?どうしたらいいの?と思う所があったので。
瞑想のイメージ画像のブログ、こちらの画像を参考にしてもいいかも。と思います。

note.com

 

今回の「アセンションタイムラインとコロナウイルス終焉の瞑想」(タイトル長い…)の、目標人数は、100万人だそうです。100万人って、多い感じがするけど、、世界人口で言ったら0.01%。多い?少ない?現在のカオスっぷりをみると、参加してくれる人、賛同してくれる人はたくさんいるのでは。
100万人達成しましょう。


瞑想の音声ガイドはこちら。

www.youtube.com

七号食その後(後編)

ハローサムシング。
ご機嫌いかがですか。

 

今日は前回の続き、
七号食のその後についてです。


七号食の回復食のパターンはこんな感じ。

<11日目>玄米+具なしの味噌汁
<12日目>玄米+野菜たっぷり味噌汁
<13日目>玄米+野菜たっぷり味噌汁 +野菜のおかず
<14日目>玄米+野菜たっぷり味噌汁 +おかず(魚介も1割程度はOK)

急にモリモリ色々なものを食べると、体がびっくりするので、少しずつ戻していくのが良いようです。


で、私の場合なのですが、回復食後半から外泊することになってまして、様子を見つつ回復食はちょっと短縮しました。14日は玄米ではなく、お米を食べました。体の調子は、13日目の最初の野菜のおかずを食べたらお腹がびっくりして急に便意を催すトラブルがありましたが、その後は順調に回復。よく噛んで食べたら大丈夫そうでした。
ファスティングや断食と違って、毎日玄米を食べているので、食べ始めの胃腸への負担は、多少マイルドなのかも。それから野菜を食べ始めたら緑便ではなく、通常の色に戻りました。


で、七号食の結果ですが、まず、これを書いている現在、
花粉症をほとんど発症していません。これは七号食のおかげなのだろうか。
今年は花粉が少ないというから、ただ、反応が少ないだけなのか?
何とも言えないけど、例年だと、この時期は、「エンドレスくしゃみ」と、「24時間体制の鼻水製造マシーン」になっているのに、マスクなしでも(マスクいま、手に入らないし…)、薬を飲まなくても普通に過ごしています。やっぱり、腸内環境が免疫反応のコントローラーなのかな。来年も花粉の季節前に七号食をやろうと思います。

 


それから、七号食8日目ぐらいの日記にも書いてあるのだけど、感情が穏やかになったのが面白かったです。感情も食べ物の影響を受けるんだなあとか考えていました。

海外だったと思うけれど、学校の学食で炭酸飲料の販売を中止したら校内暴力が減った事例というのを読んだことがあります。炭酸飲料の何がいけないのか、までは分析されていなかったけれど、砂糖なんじゃないかな。と思う。根拠はあんまりないけど砂糖は感情と直結していそう。脳の栄養素はブドウ糖なわけだし。


あと、私の貧血ですが、七号食中もそのあとも、フラフラしたり、顔が真っ白になったりしていないので、(私の場合は)大丈夫でした。ゴマや、途中から食べていた海苔、玄米にも鉄分は含まれているし。よく噛むようになったので、吸収が良くなったのかな?
七号食を始める前は、いろいろな食事療法や養生方法を調べて、頭でっかちになっていました。貧血もそうだし、栄養不足で抜け毛が増えたらどうしよう、とか。円形脱毛症のこともあるし。
でも、2週間、毎日体の変化の観察をしたのは、良いことだったなと思います。ダメそうだったらリタイアしようと思っていたけれど、玄米を食べたことで回復できないダメージというようなものは、私はなかったと思います。

よく噛むようになった、というのもとても良かったと思います。最初の頃は、顎もいたくなるし、時間もかかるし、もう玄米食べたくない、とまで思ったけれど、体にとっては嫌になるくらい噛んでちょうどいいんだなとわかるようになりました。


七号食中、頭痛とか低血糖とか色々起きて「ちょっと、これ、大丈夫?」みたいな不安に襲われたときに、先人の知恵を拝借すべく、体験者のブログなどをネットで読み漁っていました。
そこでよく見かけた、「食べたいだけ食べて痩せられる!夢のような方法!」というような紹介記事をよく見かけました。でも「これ書いてるライターの人、七号食やったことないでしょ」と思いながら読んどりました。いつも粗食で波動の高いものを食べている人だったらともかく、普通の食事をしていた人が七号食始めたら、玄米を好きなだけ食べていいとはいえ、色々問題は起こる。
これは、人それぞれなので、体と相談しながら対処するのがいいと思います。

 

あ、あと、そうだ、体重の変化も面白かったです。
グラフ作っちゃった。

f:id:nezii:20200322231214p:plain

体重変化


なんでか、七号食の最初の3日くらい増えちゃって、そこから少しずつ減っていったのですが、意味が解らなかったです。ホメオスタシス
そして回復食食べ始めて体重増えて、また減りだす、という。野菜のミネラルが一気に入ってきて、一時的にミネラルバランスが変わるのかもしれません。

ダイエットのために七号食をしていたわけでもないのだけど、ポコッと出ていたお腹がへっこみました。普段怒りを溜めている人はお腹が出っ張りやすいみたいです。感情的にもデトックスされたような気がしますよ。

 

 

そして…ここから先はちょっとアヤシゲな話になるのですが、
七号食をしてからしばらく、感覚が鋭くなった感じがしました。嗅覚も鋭くなっていたし、第六感?サイキック能力?みたいなものが鋭くなった。感覚を鈍らせたり、波動を下げる食べ物もなんとなくわかる。今まで好きだった食べ物がそんなに好きではなくなったり。そういうこともありました。
これからだんだん鈍ってくると思うのだけど、この時期にデトックスと感覚の鋭敏化をしたのは何か理由があったんだろうなと思います。

 


実は1月11日の水瓶座の時代瞑想のあと、なんだかヘトヘトに疲れてしまって、しばらく停滞していました。燃え尽きたのかな、と思っていたけど。七号食で回復したかも。

そして再び、世界で同時に瞑想する機会がやってきました。
(今年は天体イベントも多くて忙しい…)
日本では、4月5日午前11時45分から。
瞑想の動画はこれからアップされると思います。
http://paradism.hatenablog.com/entry/WLMM/2020/03/ascension-timeline-end-of-coronavirus-meditation-on-april-5th-at-245-am-utc.html

ここのところ、世界がざわついていますが、世界中の人が一斉に瞑想して、落ち着きを取り戻すといいなと思います。

七号食のはなし(前編)

ハローサムシング。
ネジです。


今日は「七号食」について。


七号食とは、玄米のみを食べて10日間過ごすデトックス方法です。
期間中は、お酒もカフェインも砂糖もダメです。
玄米と一緒に食べてもいいのは、塩とゴマ。あと、味に飽きたら梅干し一個、たくあん少し。
普段の自分の行いから考えると行い凄い修行!です。
それから、玄米は50回以上噛むことになっています。
(一回の食事にすごく時間がかかる…普段いかに噛んでいなかったかわかりました)

そして、10日間の七号食が終わったら、4~6日間、回復食をとります。
体がビックリしないように、徐々に他の物を食べていきます。
(例えば11日目は、玄米+具なし味噌汁)

 


七号食は、以前から知っていたのだけど、食事制限なんて絶対辛いし、絶対の絶対の絶対に無理!と思っていました。(お酒を10日も飲めないなんて)
それが2月の末あたりから、
「七号食をするべき時がきたのでは」
ってなんとなく、でも、何度も、思うようになりました。

 


その理由の一つは貧血。
もともと貧血もちなんだけど、去年あたりからちょっと酷くなって、食物から鉄分を吸収していない感じ。
調子が悪くなったら鉄分入りラブレか、鉄分入りジョアを飲むようにしていたのだけど、どうも私はあの甘い乳酸菌飲料が苦手。
かといって鉄剤を飲むと便秘になる。厄介。。。
腸の調子が良くなったら、鉄分の吸収問題が解決するかも。と思いました。
しかし、ここで問題が。
玄米の、「体の中の不要なものを体外に出すデトックス効果」をもたらす成分といわれているフィチン酸は、デトックス効果が素晴らしい代わりに、体の中の鉄分の吸収も妨げるので玄米と鉄分の多い食材はいっしょに取らない方が良い、と言われています。
ん?じゃあ、玄米だけだったらどうなの?
もし、期間中に貧血がひどくなったら中止することにしました。


もう一つの七号食をしようと思った理由は花粉症。
七号食で花粉症が治るとは、どこにも書いていないのだけど、免疫と腸の関係とか、食と免疫の関係の本などを読んで、もしかしたら、と思って。


さらに。円形脱毛症も治らないかなと思って(欲張りか)。
以前ここのブログでも紹介しましたが、西式甲田療法(小食と運動の療法)で円形脱毛症を直したという話があって、いつか甲田療法を取り入れて小食にしたいと思っていました。七号食はずっと玄米を食べることで、食への意識が変わったと言っている人も多く、七号食で食べ物への執着が変化するかも!少しずつ小食にしていくことも可能かも。
10日間はお酒も飲めないし、毎日の晩酌しなかったら体がどう変化するのかにも興味がありました。

 

 

 

 

※試しにやってみようと思う方は、きちんとした書物やサイトをみてくださいませ。
私は七号食がつらい時に、思いつく限りの検索ワードで調べてみました。ブログなどを見ていると、人によってルールはまちまちでした。途中で不安になったり辛くなったりする時期がくるかもしれないので、王道を調べたうえで、自分なりに工夫するのが良いかと思います。


例えばこちらにルールが載っています。
https://www.yuwaeru.co.jp/shop/genmai/7gou/003.html
回復食についてはこちら。
https://www.yuwaeru.co.jp/shop/genmai/7gou/collum/text-7gou3.html

 

それで、色々な人のブログを読んでいて、参考になったり、不安が解消したり、自分と全然違う様子の人もいたりして、とても参考になったので、私も記録を残しておこうと思いました。
(七号食中は毎日、記録をつけると、自分の変化がわかって面白いです)

 

というわけで、1日目からの記録を書いていこうと思います。
10日分の食べたものと、感じたことを書きました。
長くなったので、前後編に分けて、「回復食と感想」については次回のブログに書きます。

 


★1日目(3月1日)

昼:玄米クリーム(玄米50g分) +醤油、ごま塩、梅干し
おやつ:玄米200g +ごま塩 

夜:玄米200g +ごま塩、梅干し


※玄米クリームとはミルで玄米を粉砕して、水を加えて煮て、糊状になったら出来上がり。私は50gの玄米に350mlの水くらいの分量で作ります。10分くらいでできて簡単で、ポタージュのようでおいしい。間違えて(いつもの癖で)醤油を垂らしてしまった。
※初日は玄米にゆでた小豆を入れて炊きました。玄米臭さが小豆を入れると柔らぐけれど、次から面倒くさくなってやらなくなった。

 

初日はどんな感じだったかというと、玄米を食べた直後から、低血糖のようになって体がザワザワしていました。玄米を食べたばかりなのに、おなかが減った感じがすごい。おなかが減っているのではなくて…これが低血糖か。という感じ。ちょっと気持ち悪い感じもする。食べてもおなかが減っていることに軽く絶望感がある。たくさん食べても満腹感もあまりない。玄米を50回噛んで食べたら顎が疲れた。
花粉症は今年は、時々くしゃみが出る、鼻水も時々、目や喉がかゆいといった程度。これからひどくなるのかどうかという感じ。花粉症の薬は飲まずに様子を見ることにする。

 

 

★2日目(3月2日)

朝:玄米50g

昼:玄米350g +梅干し、ごま塩

夜:玄米クリーム(玄米50g分) +ごま塩

体重:前日比+0.7㎏ (トータル+0.7㎏)


体重は前日に比べて0.7㎏増えていた。朝起きたら顔がむくんでカエルみたいになっていた。昨日塩分摂りすぎたか?玄米があっていないのか?体重が減ると思っていたので、この日はとても落ち込んだ。
朝、時間がなくて50gしか食べられなかったら、11時30分頃、おなかがグーグーなる。勢いで昼ごはんに350g食べたら顎が痛い、口の中も玄米のえぐみのようなものが残って気持ち悪い。
玄米は基本的にいくら食べてもいいということだけど、目安の量は600gということなので、なるべく最初の方は600gくらい摂るようにしようと思う。これから玄米に雑穀や小豆を入れるかどうか悩む。(この頃は、2日目は玄米に飽きて、食べたくなくなってしまったらどうしようと悩んでいた)
それから、夕方ごろ、宿便のような、変なうんこが出る。緑色の。これは胆汁が一気に出たときにこうなる気がする。いろいろネットで調べたら、緑便が出たという人の話を(やっと)一つだけ見つけて、私だけじゃないなら、こういう事もあるんだろうと思った。
頭が米ぬか臭い。

 

 

★3日目(3月3日)

朝:玄米200g +ごま塩

昼:玄米100g +ごま塩

おやつ:玄米クリーム(玄米50g分)

夜:玄米がゆ(炊いた玄米100g) +ごましお

体重:前日比-0.3㎏ (トータル∔0.4㎏)


鼻がすごく敏感になっている。隣でチョコレートを食べている人がいれば、そのチョコが生チョコっぽいやつだ、とか、そういう感じでわかる。誰かコーヒー飲んでるな、とか。
おなかがすいたような、何か食べたいけれど、何を食べたらいいのかわからない感じ。
疲れやすく、なんとなくだるい感じ。これは七号食を体験したいろいろな人が言っていたので、これか、と思った。
口の中が鶏小屋のような味がする。玄米のエグミみたいなものが気になりだして、玄米食べたくないなあと思う。
それで、玄米をゆでておかゆにしてみた。まずそう、と思っていたけど、これが案外おいしい。汁の部分はスープみたい。かすかに旨味もある気がする。というわけで、ここら辺から、歯ざわりが違うものしか食べたくない期に突入する(早い)。
お腹がゆるい。この日も緑便がでる(この後、期間中ずっと緑色だった)。

 

 

★4日目(3月4日)

昼:玄米クリーム(玄米50g分) +ごま塩
  玄米おかゆ(炊いた玄米100g) +ごま塩

おやつ:玄米おかゆ(炊いた玄米100g) +ごま塩

夜:玄米おかゆ(炊いた玄米100g) +ごま塩
  玄米五平餅 +塩

体重:前日比—0.2㎏ (トータル∔0.2㎏)


今まで、朝食を食べないで調子が良かったので、7号食中も朝食をやめることにした。無理して食べなくても大丈夫そうだし。
朝から頭が痛い。
体がとても冷える。カロリーが足りないのかな?と思ってカロリーを調べたら玄米600gで990Kcalだった。これは冷えてもしょうがないなと思う。もっと暖かい季節にやればよかったと後悔をする。なぜか体重も減らないし。頭痛で弱気になっている。
「なんでこんなこと、始めちゃったんだろう」とか「糖質制限ダイエットとかあるのに私は糖質のみを摂取していて大丈夫なのか」とか色々、ぐるぐる悩む。
スーパーに行く用事があったのだけど、普段は食べたいと思わない「アメリカンソフトクッキーマカデミア」というクッキーの前から離れられなくなってしまった。行動も思考もちょっとおかしくなっていた。
他の人の体験談を読んでいると、便の匂いがしなくなった、と言っている人が多いのだけど、私は植物のような沼のような匂いがする。毒素をため込んでいたせいなのか、鼻が敏感になりすぎたのか。

※玄米五平餅とは、玄米ご飯を半ごろしにして、丸めてフライパンで焼いたものです。表面がカリカリしていて焦げた風味がおいしい。

 

 

★5日目(3月5日)

昼:玄米クリーム(玄米50g分) +ごま塩
  玄米おかゆ(炊いた玄米100g) +ごま塩

おやつ:玄米甘酒

夜:玄米200g 海苔3/4枚 ごま塩

体重:前日比―0.4㎏ (トータル-0.2㎏)

 

朝からひどく頭が痛い。殴られたような痛み。吐き気もする。うろたえる。これが、瞑眩反応というやつか…かなりキツイな…と思って瞑眩反応が出た人のブログなどを探して何とか持ちこたえる。これが何日も続くようなら中断したほうがいいレベル。喉も首も、なんだか体中が痛い。調べていたら、普段、糖分をたくさん摂取する人は頭痛になりやすいそう。私はお酒の飲みすぎかも。
頭痛の原因は低血糖だから、玄米甘酒を飲むと治る、と書いてあったので、すぐに仕込んで、昼過ぎに少し食べてみたら頭痛がずいぶん楽になった。グルコースはえらい。
頭痛の間に考えていたのは、「ここから中断しても、お腹がビックリするから急に色々食べるわけにはいかないし、そうなったら味噌汁飲むくらいしかできないし、結局続けるしかないじゃん」とか思っていた。瞑眩反応は怖い。

※玄米甘酒の作り方
①玄米を一合、水を3カップ入れおかゆモードで炊く
おかゆに水を2カップ入れ、こめ麹500gを入れ、まぜる。
③炊飯器のふたをせず、フキンをかぶせ、保温モードで8時間保温する

 

 

★6日目(3月6日)

朝:玄米甘酒

昼:玄米300g +ごま塩、海苔

おやつ:玄米甘酒

夜:玄米200g +塩、海苔、梅干し1個

体重:前日比-0.5㎏ (トータル-0.7㎏)


朝は調子が良かったのに、朝の体操(チベット体操と筋トレ)をしたら頭痛が始まってしまった。筋トレで糖を消費したのかもしれない。筋トレはやめてストレッチにしたほうがいいのかもしれない。
午後も頭痛い。玄米甘酒も効かない。でも昨日のようなひどい頭痛でもないので何とかストレッチをしたり歩いたりしてやり過ごす。
実は4日目に買い出しに行ったときに、ゴマを買ってくるのを忘れて、ゴマがなくなりそうになってしまった。無くなったら買えばいいんだけど、私は山奥に住んでいるので、なかなか買い物に行けない環境におるのです。痛恨のミス。で、海苔を食べてよいことにしてみた。そうしたら、海苔って、すごい旨味があるんですね。いままで、「おにぎりを包むもの」ぐらいにしか考えてなかった。ラーメンの海苔は邪魔だから先に食べてた。こんなにおいしいって知らなかったです。海苔で玄米がだいぶ食べやすくなりました。海苔えらい。塩がなくても、海苔ひとかけらで玄米が食べられる。
4日目ごろから感じていた、「なんでこんなことしてるんだろう」みたいな、不安感は減ってきた。折り返したからかも。別のもの食べたいという欲求もだいぶなくなってきた。

 

★7日目(3月7日)

朝:玄米100g +海苔、塩

昼:玄米甘酒

夜:玄米200g +海苔、塩
  玄米甘酒

おやつ:白菜の漬物


今日は住んでいる地区の宴会があって、私は普段、よく飲む人なので、一口も飲まないのは不自然だよなと思って、いろいろ考えた末、マスクをしていって「花粉症がひどいのでお酒を止めている」ということにした。それで、お酒は飲まずに済んだ。お湯をもらってちょっと飲んで、白菜の漬物もちょっとだけ食べた。おいしかった。宴会でお茶もジュースも飲めないのは結構きついです。
あと、お湯の匂いがすごく気になって、お湯もあまり飲めなかった。カルキ臭というか。鼻が過敏なのも結構しんどい。
頭痛は多少痛いけれど、ずいぶんマイルドになった。空腹もそんなにひどく感じることもなくなってきた。

 


★8日目(3月8日)
 
昼:玄米200g +海苔、塩
  玄米甘酒

おやつ:玄米100g +海苔、ごま塩、
    玄米甘酒

夜:玄米200g +海苔、ごま塩

体重:前日比-0.4㎏ (トータル-1.5㎏)


頭痛は更にマイルドに。違和感ぐらいのレベル。
心が穏やかになっている気がする。玄米菜食の人はこういう心境なのかな。
普段、食べる、食べたいっていう感情は、食欲を満たすため、という以外に、舌を楽しませるためとか、頭を鎮めるためとか、なにか心の物足りなさを埋めるために食べたり飲んだりしていることも多い。甘いものもお酒もカフェインも。それが七号食で一気にストップするから、抵抗もあるし、そのあとはあきらめの境地になるのかも。でも、諦めのもっと先には、また別の感覚、<物足りなさを食べ物で埋めない>とか、<物足りなさ自体が幻だと気づく>とか、があるのかも。そう考えると、七号食は瞑想とかに近い効果があるのでは、とか考えた。
玄米を食べているだけなのに、なんだか哲学的なことを考えてしまう。

 

★9日目(3月9日)

昼:玄米200g +海苔、塩

おやつ:玄米甘酒
    玄米100g +海苔、塩、梅干し(半分)

夜:玄米100g +海苔、塩、梅干し(半分)

体重:前日比—0.5㎏ (トータル-2.0㎏)


時々頭痛がやってきて、サッと引いていく感じ。
心が穏やか。これをどう維持するかを考えている。七号食を終えても、食べすぎたら一日七号食をすると良いとかいてあるブログを見たので、今後も体の調子を見ながら調節していこうと思う。11日目の回復食の具なし味噌汁は、体にとってどれくらい負担になるんだろう。最初の頃は、回復食の味噌汁がとても楽しみだったけれど、後半になったら、そこまで期待して楽しみにしている感じでもなくなってきた。玄米以外のものを食べたい!という感覚がだんだん薄れてくる。おいしそうなものを見て「食べたい!」って思う欲望も穏やかになった。

 

★10日目(3月10日)

昼:玄米100g +海苔、塩 

おやつ:玄米100g
    玄米甘酒
    玄米トースト3枚

夜:玄米200g +海苔、塩、ゴマ

体重:前日比-0.3㎏ (トータル-2.3㎏)


いよいよ最終日。10日間ずっと体温が上がらず寒かった。時々頭痛はある。便秘になったり下痢になったりはせず、毎日緑色のうんこが出ていた。
回復食を食べ始めたらどう変化していくのか楽しみ。花粉症については、マスクしなくても過ごせる。目や喉がかゆい感じはあるけれど、鼻水決壊とか、くしゃみ連発とかそういうのはない。
低血糖については、最初の数日は、血の気が引くようなザワザワした感じがあったが、後は頭痛のみとなった。そういえば、子供のころから黒糖やチョコレートを食べると頭痛を起こしていたから、血糖値が急に上がるのが苦手な体質なのかもしれない。玄米だけ食べていても、50回も噛むことで、でんぷんがグルコースになったものが急激に血糖値をあげるのかな。

 

10日間の七号食の記録はここまで。
回復食とまとめについては次回へつづく。